©2019 by 鈴木薬手院. Proudly created with Wix.com

≪なぜ増える?逆流性食道炎≫


大きな原因は、3つのポイント

≪胃酸分泌≫

ストレスや過食などによる

≪腹圧≫

肥満、内臓脂肪による腹圧

かがむ、重たいものを持ち上げる、力を入れる

≪横隔膜の歪み≫

身体の歪み(胸郭の凹凸)

ポイント1

胃酸の分泌過多の問題です。通常は、胃は食物の消化にちょうどいい量の胃酸を分泌しています。しかし、食事の欧米化により胃酸分泌が増える傾向にあります。更に社会環境により多くのストレスにさらされ、胃潰瘍になる方もいます。

ストレスと胃酸分泌は関連が深いです。

ポイント2

お腹にかかる腹圧の問題です。お腹に強い圧力(腹圧)がかかっていなければ、内容物が押し上げられ逆流することも少なくですが、生活環境の変化でメタボリック症候群が増えています。

肥満や内臓脂肪の増加で腹圧が高くなる傾向です。更に、重たい物を持ち上げる、猫背や身体の偏りなど腹圧がかかる原因です。

ポイント3

身体の歪みにより、横隔膜がゆがむ

​下記で説明します。

 

逆流性食道炎の原因が姿勢の悪さによる横隔膜の歪みだったことを知ってますか?

こんなことありませんか?

  1. 口の中に酸っぱい液が上がってくる

  2. げっぷ

  3. 胸の痛みがある

  4. ​胸焼けする

  5. 胃がつかえる感じがする

  6. 喉に違和感を感じる

  7. 止まらない咳

  8. 気管支炎

  9. 妊娠中に胃の違和感や吐きけ

  10. 病院に行ってもなかなか良くならない

  11. 薬を飲んでいますが、現状維持

  12. 最近、特に疲れを感じる

  13. ​猫背が酷くなった

  14. カラダが硬くなった気がする

 

身体の歪みの話

≪整体的な観点≫

横隔膜(頚椎4番の神経)の緩み原因


体内の構造的な変化(骨格)が関係している。

身体の中には、胸(胸郭)とお腹の間を分ける横隔膜という筋肉(ドーム状)が存在している。

「しゃっくり」ですが、横隔膜の痙攣で起きます、自分の意志で動かない筋肉です。

​また、横隔膜の神経は、頚椎4番から出ています。

だから、首も正しい位置に調整が必要ですよ。

年齢とともに、筋肉にゆるみ(筋力低下)が生まれてきます、また胸郭の歪みにより横隔膜が歪み筋肉が正しく動きません。

また、頸椎の歪みにより神経伝達もスムーズにいきません。

(頚椎4番から神経が正しく機能しません)

横隔膜の歪み=横隔膜の緩み

胸郭の歪み=横隔膜の緩み

​首の歪み=横隔膜の筋肉が正しく動きません

 

​逆流性食道炎とは(一般論)


食道と胃の境目にある噴門の働きが弱くなり、胃酸が逆流し、食道の粘膜が炎症を起こします。

胸焼け、胸のつかえ、げっぷ、吐き気、食欲不振などの症状が常にあり、ひどいと嘔吐などの症状が出て、食べ物が食べずらくなります。
誰でも罹る病気ですが、最近では、仕事が忙しくストレスの多いサラリーマンやOLさんに多いようです。
また、妊娠後期は、大きくなった子宮が胃を押し上げるために逆流性食道炎になりやすく、ツワリのような不快感が続きます。
逆流性食道炎に罹ってしまうと、なかなか完治しずらく、何年も不快な症状に悩んでいる患者さんも多いです。

逆流性食道炎 画像2.jpg

​逆流性食道炎の主な症状

主な症状は、胸焼け、胸のつかえ、げっぷ、吐き気、食欲不振などです。
胃のむかむかが続く、たまに熱い(酸っぱい)ものがこみあげてくる、という方が多いです。
特に、空腹時や夜間に症状がきつくなる特徴があります。

症状がひどいと、嘔吐やお腹が張って苦しくなり、食べ物が食べずらくなります。

また、喉に違和感を感じたり、咳が出たり、声がかれたりする場合もあります。


まれに、食道に炎症が認められるけれども、自覚症状がない場合があり、「無症候性逆流性食道炎」といわれます。

整体師だから分かる逆流性食道炎の大きな原因

​胸郭の歪みからくる横隔膜の捩れ

【一般的な​逆流性食道炎の原因】

①加齢による食道括約筋の緩み

②加齢により横隔食道靱帯が弱くなった。

3食道のぜん動運動の低下
③姿勢(猫背)による腹圧の上昇
④妊娠後期(子宮が大きくなり、胃が押し上げられる)

⑤肥満

⑥喫煙

​⑦日常のストレス

 

逆流性食道炎とは、「加齢」からくるもの言われていますが、加齢を改善するべきですよ


年齢とともに体形は変化し、脂肪がつきやすいからだになっていきます。これは基礎代謝量が減っていくためで、以前と同じ生活運動をしていても消費カロリーが少なくなってしまうからです。しかし食べる量は以前と変わらないとカロリーの摂取と消費のバランスが崩れ、体形が崩れていくというわけです。

​加齢=体形の崩れ

​独自の療法がオススメ(無痛整体)

左右のバランスの崩れを調整する独自の療法です

本来、人間の体は、左右のバランスが取れているのが健康なのです。
それが、さまざまな生活習慣などによって、左右のバランスが崩れ、その結果、体に歪みが生じて、痛みなどの不都合が起こります。

また、体を横から見たとき、脊柱は緩やかなS字カーブを描いています。これは、重い頭を支えて直立歩行するためのサスペンションの役割をするカーブです。

このカーブが崩れると全身が歪み、体のいろいろな部分に不調が出ます。

これらの全身のバランスの崩れを調整し、痛みの根本的原因である「歪み」を正すのが、当院の無痛療法です。

筋肉のバランスと関節の左右の動きを確認しながら、やさしく刺激を入れます。
筋肉は全身つながっていますから、手足を整えることによって、体の中心まで整えることができます。
肩を調整しながら骨盤の確認をしたり、逆に足首を調整しながら首や脊柱のバランスを確認します。

施術の前と後に必ず、手足を使って、左右のバランスをチェックしています。

骨盤矯正(無痛整体)
全身のバランスを考えながら調整します股関節操作

■下肢の検査
骨盤から下の全域をチェック
土台が傾くとすべてが台無しです。
足首がゆがむと重心が偏り肩甲骨が歪み背骨が歪み更には顎も歪む…怖いですね!

​筋肉の動きの形態記憶(本来の関節の可動域改善)

関節や筋肉に、正しい動きの刺激を繰り返し与えると、「からだ」は勝手に正しい位置に戻ろうとします。
まるで、筋肉の形態記憶みたいですね!

筋肉や関節が正しい動作に近づくにつれて、骨格(脊柱)もそれに伴って位置が変わります。
本来のS字カーブに近づき、可動性がアップします。

脊柱が本来の位置に戻れば、重たい頭を支え易くなり、脳が働きやすい環境になります。
そして、脳が勝手に骨格を良い位置に導くようになります。
脳の命令記憶みたいですね!!

骨格が正しい位置であるときは、脳に栄養を与える血管(椎骨動脈)もスムーズに流れ脳もフル回転できる状態です。

姿勢を良くする為には、骨格に正しい位置を覚えこます事です。
それは、関節を本来の可動性に近づける事なのです。

当院の無痛整体は、筋肉や神経に繰り返し刺激を与え、筋肉が正しい位置へ戻ろうとする力を促し、正しい位置を覚えこませていく療法です。

筋肉が正しい位置に形態記憶されると、バランスを崩した時も、適切に身体を動かしてあげるだけで身体が整うようになります。
先ずは全身を正しい位置に整え、それを維持できるように筋肉を動かす習慣を持ちましょう。

体の状態に合わせて、体操などの指導をいたします。
当院の施術と合わせて、ご自分で正しい体の動かし方を覚えましょう。

 

​​逆流性食道炎の方に良い

胸郭矯正ストレッチ体操

 

​​猫背でカラダが歪んでいる人は、


​​胃・食道が圧迫を受け腹圧の上昇や噴門のゆるみを招き逆流性食道炎になる方が多数

バランス整体を専門とする私の整体院には、病院で治療を受けても改善せずに来院する、逆流性食道炎の患者さんが少なくありません。

整体で内科の病気を治療するというと、不思議に思う人もいるでしょう。しかし、全身のバランスは、内臓の働きと密接に関係しているのです。

 私の整体院では、全身のバランスを正す施術が内臓の回復に役立っており、さまざまな内科の病気を改善に導いています。

 実際、逆流性食道炎の患者さんは、背中を丸めてあごを突き出した猫背になっていたり、背骨が左右に曲がった、いわゆるヘビ背になっていたりして、肋骨が歪んでいるのです。

逆流性食道炎 画像1.jpg
 

​​​​​​逆流性食道炎の原因は、横隔膜の歪み


肋骨が歪んで左右のバランスが崩れると、肋骨につながっている「横隔膜」が連動して歪みます。

横隔膜は、胸腔と腹腔の境界にある呼吸器の一つで、中央部に「食道裂孔」という穴があります。つまり、食道は横隔膜を貫いて胃と繋がっているわけです。

 

猫背と呼吸(横隔膜)の関係


猫背の人は、背中が丸まった状態ですので、肋骨や横隔膜の動きが悪くなり、制限され、呼吸が浅くなります。呼吸が浅いと、体が酸欠状態になり、頭痛や疲れが取れないなどの症状が出ます。

肺は自分では動かない臓器で、肺を動かしているのは横隔膜です。横隔膜が動く時、肋骨も一緒に動くのですが、猫背の人は、肋骨も横隔膜も上手く動かすことが出来ません。
深呼吸をするときは、「胸を大きく開いて~」とやりますよね。胸が縮んだままでは、大きな呼吸は出来ないのです。
肋骨がスムーズに動かないと、肩で呼吸する形になり、肩コリも起こります。

 

第4頸椎は横隔神経(横隔膜を支配する神経)

逆流性食道炎は、首痛の人に多発する傾向にあります。頸椎(背骨の首の部分)にある7個の椎骨(積み重なって背骨を構成する小さい骨)のうち、第4頸椎は横隔神経(横隔膜を支配する神経)と繋がっており、噴門は下部食道括約筋だけでなく、横隔膜からの圧迫によって締め付けられています。そのため、体のバランスが崩れて首が傾くと横隔神経の働きが悪くなり、横隔膜の外圧が緩んで胃液の逆流が起こりやすくなるのです。

〔頸椎の検査〕

うつ伏せで顔を左右に曲げて下さい

●向きやすい方と向きにくい方がある

●寝るとき、いつもうつ伏せで寝る


頸椎に問題がある方は、耳鳴り、頭痛、ムチウチ症、逆流性食道炎などの原因になります。

 

​​猫背やへび背が癖になって肋骨が歪む

(横隔膜の歪み)


​​横隔膜も歪んで食道裂孔がいびつな状態になります。その結果、横隔膜と繋がっている食道もねじれてしまう。

 食道がねじれると横隔膜の下にある下部食道括約筋の収縮力が弱くなり、胃の内容物の逆流を防いでいる噴門(食道のつなぎ目)の締まりが緩くなります。そのうえ猫背の状態では腹圧が高くなります。
腹圧で胃が圧迫され、内容物が噴門から漏れ出て食道に逆流しやすくなってしまうのです。
 横隔膜の歪みがひどくなった場合には、胃の一部が食道裂孔からはみ出す「食道裂孔ヘルニア」
が起こることもあります。食道裂孔ヘルニアになると、胃液の逆流が頻繁におこり、症状も重くなりやすいので要注意です。

 

胸郭(肋骨)の歪みが胃の調子を悪くする


横隔膜には、大動脈・大静脈・食道が通っていますが、横隔膜が窮屈で歪んでいると、この大切な血管や食道にも影響が出てきます。

 

逆流性食道炎チェック(胸郭の歪み)

整体的な観点で診た骨格異常​

肋骨のでっぱりに左右差がある

うつ伏せになると、かかとが内側を向くうつ伏せで肩関節が床に着かない、着き方に左右差がある

 

食道裂孔ヘルニア

胃が、横隔膜の食道が通っている穴(裂孔)の隙間から上にはみ出してしまった状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

先天性の場合と、後天性の場合がありますが、主に横隔膜裂孔部分の、噴門部固定機構(胃から食道への逆流を防止する役目を担っている)の異常により起こります。

逆流性食道炎がひどくなると食道裂孔ヘルニアになると考える人が多いですが、必ずしもそうではありません。
しかし、どちらも原因は噴門部の異常ですので、相関関係にある事は確かです。​

 

≪逆流を招く横隔膜のズレチェック≫

噴門のゆるみを招く


全身が映る、大きな鏡の前でチェックしてみましょう。


  
壁に背をつけて立ち目の前に鏡を置く。


  
壁に背をつけて立ち目の前に鏡を置く。
意識をせずに前ならえをしてバンザイをする。

・手の長さの確認
 両手を挙げたときの指先の高さを比べる。
短いほうがあればそちらから逆流止めストレッチを行う。
 
・手と耳の距離を確認
両手を挙げた時,耳と腕の距離を比べる。
より離れているほうがあれば、そちらから行う。

手をたすきがけにしてみてください
・右と左でやりやすさが違う

 

​≪逆流止めストレッチ≫


体操は、できれば全身の映る大きな鏡の前で行い、体がねじれたり、左右に違いが出ないように注意しましょう

【上半身(背中・背筋)揃えるストレッチ】

まず、普通にバンザイをしてください。

手の上がり方が左右で違うので、短い方の手(上げずらい方の手)をチェックします。


※無意識にバンザイをしてから、鏡を見てチェックしましょう。
※わかりずらい時は、何度かバンザイをしなおしてみてください。

短い方の手を上げるところから始めます

① 短い方の手を上げます。
反対の手で、手首を握ります。

② 握った手の側に体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻し、手を下ろします。

③ 逆の手を上げ、反対の手で手首を握ります。

④ 手首を握った方側へ体をゆっくり倒します。
そのまま、3呼吸。
体を元に戻して、手を下ろします。

※体操のポイント

横に倒す時、体をねじらないようにしましょう。体の横のプレーン(前頭面)に沿って動かします。無理に倒そうとすると体が捻れるので、わき腹を伸ばす感じでやってみましょう。

出来れば、ご家族の方に見てもらいながら行いましょう。

体操の順番を間違えると逆効果になりますので、どっちの手が短いのかをきちんとチェックしてから行っていください。左右1回ずつで1セットです。必ず、両方やってください。

きちんとした動作が出来ていれば、2セットの体操で十分です。回数を多くやるよりは、動作を正確にすることのほうが大切です。

 

逆流性食道炎の予防策、改善策

メタボを解消し、腹圧を抑える


医療機関は、薬物治療は胃酸分泌抑制薬が中心

基本的に病院では、食道裂孔ヘルニアや横隔膜のゆるみという問題は外部からの投与などでは治療が出来ず、解決するには、外科的手術となります。

※横隔膜の緩みを整体で改善していきます

胃酸分泌を高める(要注意食べ物)

脂肪の多いもの

天ぷら、フライなどの揚げ物、玉子、マグロのトロ、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシングなど

甘いもの

チョコレート、ケーキ、まんじゅう

刺激、酸味の強い物

コショウ、唐辛子、香辛料など

​アルコールやカフェイン

 

逆流性食道炎・逆流性食道炎列孔ヘルニアなどの患者さんの声

逆流性食道炎列孔ヘルニア (39歳 相模原市橋本 女性)

12年ぶりに妊娠したのですが、5ヶ月くらいから急に、ものすごい胸焼けと満腹感で食事がとれなくなってしまいました。
1週間ほど入院して点滴施術してもらいましたが、体に栄養を入れるだけの施術で、症状に対しては何もしてもらえませんでした。
胃腸科で検査をしたら、逆流性食道炎列孔ヘルニアと言われました。胃酸を減らす薬をもらって飲んでいますが、なかなか良くなりません。
赤ちゃんのためにと、無理に食事をすると、ものすごく心臓がドキドキします。夜も、動機がすごくて救急車を呼ぼうかと思ったこともあり、それから眠れなくなってしまいました。
食べれないし、眠れないし、こんなことで赤ちゃんを無事に産めるのかと不安で、自分でもどんどん悪循環に陥っているのが分かりました。自律神経も乱れているといわれました。
妊娠中ということもあり、薬は出来るだけ飲みたくないし、列孔ヘルニアの施術というのはないみたいなので、整体で何とかならないかと思って、鈴木薬手院に来院しました。
まだ2回しか施術してもらっていないので、まだ効果を実感できませんが、1回目に検査しときに足の開きや両手の上がり方が全然違っていたのを直してらって、その2日後に元に戻っちゃってるんじゃないかと自分で検査したら、逆に良くなっていました。ちょこっと手足を動かしたりするだけの施術なので、すぐに元に戻っちゃうと思っていたので、ちょっとビックリしました。
列孔ヘルニアは、横隔膜に押されて胃が上にずり上がってきている状態なので、体のゆがみが治れば、本来の位置に戻るのではないかと期待しています。

逆流性食道炎 40代 女性 町田市)

2年ほど前から、時々胸焼けするようになり、4月頃にひどくなったので病院で内視鏡検査をしたら、逆流性食道炎と言われました。
薬を飲むとだいぶ良いのですが、あまり薬には頼りなくないと思い、ネットで検索して、こちらに来ました。

ネットに、猫背の人は逆流性食道炎になりやすいと書いてあって、私も小さいころから猫背が気になっていたので、もしかしたら関係あるのかもしれないと思いました。
鈴木先生に聞くと、もちろん猫背も関係しているけれど、頸椎の歪みの方が影響があるのではないかと言われました。 確かに、1年前くらいに、右腕がしびれて上がらなくなり、整形外科で頚椎症と診断されて牽引治療をしてもらったのです。
その後は右手のしびれは出なくなりましたが、その影響で、逆流性食道炎がひどくなったのかもしれません。

鈴木薬手院で治療を始めてから、徐々に胃酸が上がってくる感じは減りましたが、まだ喉のイガイガは取れません。 
でも、先日、内視鏡検査をしたら、だいぶ良くなっていると言われました。 薬も、弱いものに変更になりました。
自分で感じているよりも、実際は良くなっているみたいなのでビックリしました。 喉のイガイガも治ると良いなと思います。

食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎 (50代 女性 横浜市)

食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎による胸やけ、げっぷ、食欲不振があり、雑誌(夢21:わかさ出版)の逆流性食道炎特集を見て来院。
常に妊娠中の時のようにお腹が圧迫され、胃が持ち上がっているような苦しさが続いていたのですが、1回目の施術後、げっぷの回数や、胸やけが減り、食欲が出てきた。
施術前の辛い状態を10とすると、5くらいまで楽になった。

食道裂孔ヘルニア、肩痛 (50代 男性)

整形外科や内科も通院していたが、裂孔ヘルニアは手術したとしてもこれ以上よくならないと言われていた。


一回目終了後

足先傷みの方が強い感じだった。こんな感じで大丈夫かと思った。先生の細かい説明が良かった。治癒の経過、方針を見比べた。


2、3回目 五十肩背中がくっつく様になった。全体の筋肉が弛緩してほぐれた感じ。弾力性がついて柔らかくなった。

歪みが治ってよくなってきた。


裂孔ヘルニアは、一年ごとの内視鏡検査でよくなってもとの位置に戻っているのが分かった。

本当にそんな病気だったの?と検査をする度先生に言われるまでになった。


前は週1

今は月1で通っている。

逆流性食道炎 (30代 女性)

胃のむかつきと吐き気に悩み、いろんな病院を巡ったが、逆流性食道炎と診断されるまで数年かかり、診断されてからは薬でなんとかしのいでいた。


一生薬を飲むのは嫌だったので、体調が良い時は薬を飲まず、2~3日でひどくなり、薬を飲む、の繰り返しだった、


知人の紹介で鈴木薬手院へかかるようになり、症状が改善した。薬を飲まなくても大丈夫になり、同時に食事に気を付けるようになり、どんどん体調が良くなってきた。


鈴木薬手院で教わった体操も一生懸命やった。


現在は、数カ月に1度通っている。

逆流性食道炎 (30代 男性 東京都)

逆流性食道炎がひどく、病院に通っているのですがなかなか治らないので、ネットで調べてこちらにきました。

一番最初に治療してもらってすぐ後に、みぞおちを押したら、いつもは痛いようなとてもへんな感じがするのですが、なんか感じが違っていました。胃の位置が変わったのかな?と思いました。

早く治りたいので、3日に1回くらい治療してもらって、1カ月後には、ほとんど症状がなくなりました。
胃カメラで検査をしたら、前はいつも開いていた胃の入り口が、胃が空っぽの時はほぼ閉じていると言われました。炎症の範囲もかなり狭くなっていました。

それと、いつも寝るときには、上半身を高くしていないと胃がムカムカして眠れなかったんですが、だんだんと角度を下げていっても大丈夫になってきました。急に平らにするのも怖いので、じわじわ調整しています。熟睡できるようになったからか、朝すっきり起きれるようになりました。
とにかく、うれしいです。

逆流性食道炎、坐骨神経痛(50代 厚木市 女性)

胃酸が逆流していつもムカムカして食欲がなく、病院で、逆流性食道炎といわれて薬を飲んでいましたが、全然よくなりませんでした。

坐骨神経痛も出始めたので、水泳を始めたら、余計に冷えてひどくなってしまいました。座っていると、お尻からもも裏、足首までしびれてつらかったです。

整体は痛いのではないかと怖くて行ったことがなかったのですが、ネットで調べたら、こちらの治療は痛くないと書いてあったので、来てみました。

先生の治療は本当に痛くないので、良かったです。
最初の治療の後、胃や腸がぐるぐる動き始めた感じがしました。

治療をしてもらうたびに、だんだん良くなっていき、胃酸が上がるのもだいぶ治りました。坐骨神経痛も、ほとんど気にならなくなりました。

休んでいた運動や登山もまた始めることができました。
本当に嬉しいです。

まだ胃の調子は完璧ではないし、更年期障害と重なっているような気もしますし、便秘も気になるので、もうしばらく通院しようと思います。

機能性胃腸炎・外反母趾 (30代 相模原市 女性)

機能性胃腸炎・外反母趾 (30代 相模原市 女性)

常に胃の調子が悪く、病院では「機能性胃腸炎」と言われました。
胃がきちんと動いていないとのことで、いつも消化不良な感じで、胃痛もたびたびあるし、あまりたくさんご飯を食べれませんでした。

肩こりや腰痛もあり、外反母趾も気になっていました。 

こちらに治療に来てから、体全体が楽になってきました。
肩こりや腰痛もあまり気にならなくなってきたし、胃腸炎もだいぶよくなりました。
今、ちょうど季節の変わり目で体調が不安定なせいか、胃の調子があまり良くないので、早く安定するといいなと思います。

外反母趾もだいぶ落ち着いてきて、痛みがほとんど出なくなりました。
前は、親指か小指のどちらかがいつも痛かったんですが、今は両方とも痛くありません。
他にいろんな整体に行ったのですが、その時は良くなってもすぐに元にもどってしまったり、ある程度良くなると、それ以上は全然変わらないことが多かったので、痛みがなくなったのは凄く嬉しいです。

今気になっているのは、冷え性がひどいことと、せっかく体を真っ直ぐにしても筋力がないと維持できずにまた歪んでしまうといわれたので、体力をつけなくてはと思っています。
普段運動は全然しないので、先生に教えてもらったお尻歩きの体操をがんばって続けようと思います。

 

​予約の取り方・料金

≪橋本本院、品川分院、藤沢分院≫

橋本本院、品川分院、藤沢分院、辻堂ボディケアセラピーの4箇所がありますので、最寄の店舗へお越しください。

お願い(初回の方へ)

ご予約の際は、必ず「初回・店舗の場所」であることをお伝えください。

​※例えば、

橋本本院で初回(初めて)伝えてください。

初回のご予約をされた場合、1時間ほど時間をとってお待ちしています。 (その時間に入りたいという患者さんをお断りしています。)

どうしても、ご都合がつかない、具合が悪いなどで、やむを得ずキャンセル・変更をされる場合は、できるだけ早く(前日までに)ご連絡をお願いいたします。

料金

大人

  • 初回 10,000円 (初回料4,000円+施術料6,000円)

  • 2回目以降 6,000円

中学生

  • 初回 9,000円 (初回料4,000円+施術料5,000円)

  • 2回目以降 5,000円

小学生以下

  • 初回 8,500円 (初回料4,000円+施術料4,500円)

  • 2回目以降 4,500円

★初回の際に、回数券をご購入の場合、初回料を無料にいたします★

​​橋本本院(橋本駅)

〒194-0212 東京都町田市小山町4371
JR・京王線 「橋本」駅より 徒歩14分

火曜日・木曜日

​9:00~13:00 14:30~20:00

土曜日

8:30~13:00

​​品川分院(品川駅)

〒108-0074 東京都港区高輪3丁目25-27

アベニュー高輪707号

JR・京浜急行線 「品川」駅より 徒歩4分

水曜日(14:30~20:00)

金曜日、土曜日、日曜日

​(9:30~13:00 14:30~20:00)

​​藤沢分院(藤沢駅)

〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢545-72-101
JR線 「藤沢」駅より 徒歩4分

月曜日・金曜日・土曜日

​9:00~13:00 14:30~20:00

水曜日・日曜日(時間確認)

​辻堂ボディケアセラピー(辻堂駅)

〒251-0044 神奈川県藤沢市辻堂新町1-2-23 プリメロ湘南502号
JR線 「辻堂」駅より
(テラスモール湘南側)
徒歩2分

月曜日・金曜日・土曜日

​9:00~13:00 14:30~20:00

水曜日・日曜日(時間確認)